マーク・ドレラ先生に会いに行った

11月12日。人力飛行機ディスカッションと称する会があった。場所は東北大学。

Daedalusという人力飛行機の世界最長飛行記録を持つ機体の設計者であるマークドレラ先生が東北大で行われた流体系の学会の特別招待講演のついでに、日本の人力飛行機業界の人が集まってマークドレラ先生を囲もうという会だった。

実際は東北大Windnauntsや金沢工業大学夢工房、早稲田大学WASAやうち(Meister)の英語で30分程度の発表・質問などの後、懇親会を行った。

Meisterからは現役が英語発表するのは荷が重いということで、OBになって久しい自分が発表を行った。

人力飛行機の設計方法やMeisterではこうやって作っていますよということの紹介をした。

自分の中では神と崇めている設計者の前で設計方法のプレゼンをするなんて恥ずかしいと思いながら、現実は英語ができなさ過ぎて会話にならなかった笑

ドレラ先生に聞いた話

フェアリングの空気の入出流の考え方や主翼と胴体のつなげ方の話なんかを聞いて面白かった。

フェアリングの話はここに追記しておいた。

プロペラはどこの位置がいいのかって話ではどこでもそんなに変わらないのではないかとか、あと、ウィングレットの効果が中央部の曲げモーメントを変えなかったときに揚力分布から考えて誘導抗力が下がるなんて話とかとか、、、なんか色々聞いた気がするけど自分の中の英雄と会っているということで緊張してしまってだいぶ忘れてしまった笑

聞きたいことはたくさんあったけどあんまり聞けなかった。自分はもう人力飛行機作ることもなく、ファンとして見るぐらいだからまぁいいかとか思って見ていた。

発表内容

(英語が変なことは置いておいて)

大したこと発表してないんだけど、人力飛行機の設計では全体の要求があって空力設計の柱と強度設計の柱があって、それを両方で最適化しなければならないという話がメインだった。

空力設計は揚力線理論とか色々あって、それで計算してやる。強度設計は破壊強度を調べるのが肝心で、そこから運用方法を考えて安全率とか決めてやるとあとは複合材料の材料力学みたいな話があって計算できる。その空力・強度の設計時に、使用を広めているXFLR5などの翼型解析ソフト(元はドレラ先生開発のXFOIL!!)を使ってもろもろの値だったり、桁を通すための太さがあるのかの確認をする。

そして、両方の柱の最適化(どちらかだけでは意味が無い!)を行なってフィードバックを繰り返しつつ、要求を見直しつつ最適化をかけてやる。

人力飛行機はパイロットの低出力側への要求は強いので、軽量で抗力の低いものが必要になってくる。なので最適化みたいなことが必要になってくる。そんななか、強度設計の方にも翼型は関係してくるし、空力最適と構造最適の単独ではなく、両方合わせた最適値に設計しましょう。

みたいなわかってる人には十二分にわかっている話だった。

もう少し具体的に書くと、揚力分布を空力最適な楕円分布に近づけるよりは曲げモーメントの減少を狙って中央部分に多めの揚力、翼端側では少なめの揚力にすると良い。ただし慣性モーメントとか揚力分布が変わってきて運動性が変わってきて、それの影響は別で評価する必要がある。あとフライングワイヤーを付けている機体だと強度(安全率)より剛性部分がボトルネックになりがちなので剛性部分の剛性確保の工夫で最適化する必要がある。

あとはMeisterの人力飛行機の作り方だけどそれはサークルホームページの方が詳しいからここではパス。

まとめ

ドレラ先生と会えて話せるだなんて嬉しすぎて舞い上がって会話にならなかった。ドレラ先生は日本の鳥人間コンテストを興味を持ってちゃんとチェックしているようで嬉しかった。

話は(英語だから全部は聞き取れていないけど)理路整然としていて話の組み立て方だけで頭の良さがわかるほどだった。

自分の中の英雄は会ってみても英雄のままだった。

交流飛行会2011に行ってきた

ロケットのことを書きたいんだけど、重いから時系列が前後するけど交流飛行会のことを少しだけ。

8月28日に富士川滑空場で交流飛行会というイベントに行ってきた。

人力飛行機のフライト見つつ展示もある感じのイベント。

100人以上集まったみたいで、滑走路にこんなに人が集まるのを見るのはオキシライド乾電池で人を飛ばす企画のときの報道陣以来ですごいなと思った。

正直かなり気軽なノリで見に行ってたが、かなり興味惹かれることがあって面白かった。

鳥コンの書類審査には落ちる大学であっても機体の完成度はかなり高く、きれいなフライトをする

上の写真は名古屋大学さんだけど、すごくキレイに飛んでた。

あと2つは低翼機だったけど、高翼機と作り方がかなり違うので、展示で近くで見れたのがよかった。

電機大FlightWorksの応力外皮構造のテストピースを見せてもらった

FlightWorksさんは次の機体に応力外皮構造を採用するとのことで、ちょこちょこ話しは聞いてたけど、実物を見せてもらった。製作技術がかなり高いので見せてもらえて興味深かった。今回持ってきたものは製作試験用ということであえて段差っぽいものが見えるが、形状精度も良さそうですごいなと。

Team’F’の電装を見せてもらった

Avionics for HPAで電装製作記録書いているHirakuTOIDAさんのアビオニクスを見せてもらえた。

自分が思い付く限り完璧で隙がない計器が現実に存在するってだけでワクワクが止まらない。

基板までプレゼントしてもらって、嬉しすぎた。

ドボン会やCoolthrustのCNCの話を聞いた

ドボン会や筑波大学さんはCNCで製作を行っているのはよく聞いてたけど、その自作CNCの製作者のKOROさんとお話できた。

ドボン会ブログ筑波大TBWのCNCのページに出てるけど、かなり高機能のものを自作してるっていう話を聞けたのはとても興味深かった。学部2年でCNCが自作できるなんて。

まとめ

うちに篭っているとわからないけど、外にはスゴイ人がスゴイことしてるなと感じられた。

そしてよく絡んでる鳥OBな人たちと会えたのでそれはそれで楽しかった。

鳥人間には現役として関わるつもりは無いけど非常に楽しめた飛行交流会だった。

鳥人間コンテスト2011写真集め延長

前の記事で鳥コンでの写真集めをすると言っておいて自分の微妙な忙しさのためにすぐの対応できずに、認証保留になってしまった人もいるし、写真が放映後に増えたりしたので8月末までではなく、9月末まで共有期間にします

写真見たいっていう人はまだまだ受け付けているので下から気軽にどうぞ

https://sites.google.com/site/toricon2011photo/

載せてる写真は東工大Meisterの発進の時の写真

鳥人間コンテスト2011写真集め

鳥人間コンテストに今年も見学に行きます。

2週間前ぐらいに見たいものの一つが見れないということが分かり、モチベーションの大きな一部分はなくなったんだけど、後輩の頑張りを見たり、同窓会・オフ会気分でいろんな人に会えるのが楽しみなので行きます。

今年の鳥人間コンテストは

7月30日(土)人力プロペラ機タイムトライアル部門/滑空機部門

7月31日(日)人力プロペラ機ディスタンス部門

の日程で琵琶湖の松原海水浴場で行われます。

両日ともに湖畔でカメラを抱えてうろうろしている予定です。

昨年ぐらいから写真が薄っぺらながらも趣味になっているので、琵琶湖で写真を撮っている、みんなの写真がみたいということで写真集めをします。

現役で頑張っている人の資料になったり、思い出を残してあげたいなんていう、何様なのかわからない上からな気分です。

良いカメラを持ってる人が多いので写真下手な自分が勉強のためっていうのも少しあります。去年はもう少し細々をやっていましたが、うちのチーム独自のも合わせて5000枚を超える写真があつまりました。今年はどうなるのかワクワクです。

詳しくはここを見てください。

https://sites.google.com/site/toricon2011photo/

文体が記事によって変わるのが変な感じだと思うこの頃の更新です。

XFLR5翻訳プロジェクト

前にXFLR5のドキュメントを日本語化してた記事からの続き。

※<<2011-11-08追記>>

翻訳作業の訳語検討や統一のためのページ作りました。

http://www52.atwiki.jp/xflr5japanese/

<<追記終わり>>

vbkさんがXFLR5を日本語化しようとプロジェクトを立ち上げてくれました。

https://launchpad.net/xflr5

複数人が翻訳作業に参加すれば、誤訳も少なくなるし自分が飽きたから翻訳終了とならずに続くと思います。

ここに登録(Register)してHelp translateからwebブラウザ上で翻訳作業ができる。

翻訳したデータは

http://bazaar.launchpad.net/~vbkaisetsu/xflr5/trunk/files

にpo形式で出力されるので、po2tsというソフトウェアを用いてXFLR5で使われているts形式に変換できるらしい。

http://translate.sourceforge.net/wiki/toolkit/ts2po

訳に自信がなくてもみんなで確認しながら翻訳できるので、是非参加してください。

自分も空いてる時間にポチポチとやっていきます。

暫定ファイル

これとは別にqtlinguitというソフトを使って自分で翻訳ファイル作ったのですが、メインフレーム以外の翻訳が反映されないようなので困っていました。

自分の環境だけなのかわからないので教えてください。

暫定的なファイルですけど置いておいきます。

このqmファイルをXLFR5のtranslationsフォルダの中に入れてOption→languageで変更できます。

http://db.tt/zyO9nE3