フライトシミュレータの参考書

フライトシミュレータの参考書がネットにあったという記事。

Amazonでも売っている「Modeling and Simulation of Aerospace Vehicle Dynamics」。フライトシミュレータを理解して作りたい人にとっては、すばらしい良書です。

フライトシミュレータを作ってみるとわかるのが、一番むずかしいというか頭使うのが、座標変換です。

座標変換さえ出来てしまえばあとは一個一個パラメータの値を決めてあげて、並列と回転の運動方程式である、行列形式の微分方程式を適当なソルバーかルンゲクッタで解くだけです。

2次元平面上でのフライトシミュレータは多くの作例がありますが、頭がむず痒くなる座標変換の話しをすっ飛ばして、簡単化して微分方程式を解くだけにしているのでプログラムの難易度が一気に下がります。教科書でも軸別に運動方程式を立式するのが多いのも座標変換のややこしさを省いて本質を見たいからですね。

基礎的な物理と座標変換に多くのページを費やし、飛行機やロケット(柔らかい表現)について丁寧に解説してある本がこの本です。

その本がイランのMathWorks社のホームページの中にPDFで置いてあります。。。

http://bit.ly/1Ag9ACI (PDF 19.8MB)

既に紙の本も買ってしまったけど、悔しくなんか無いです。。。

MatRockSim

本の中ではFortranとC++で実装されたアプリケーションの話が出てきています。これのMatlab実装版的なものである、私のプロジェクトのMatRockSim、正月はこれを改良して遊んでました。正月の遊びと言えば、羽根つき、凧揚げ、プログラミングですね!()

https://github.com/ina111/MatRockSim

第7回ニコニコ学会βに出た話

先日、ニコニコ学会βという、ユーザー参加型の学会??に出てきました。

アーカイブされているらしいので、いつでも見れるそうです。ニコファーレという会場は発表中にコメントが発表者に見える場所なので、集中出来ないし笑うの堪えるの大変でとってもいい場所です。

野生の宇宙研究って航空も含めて面白いことやってる人たくさんいるのに知られていない。もったいない。次の機会などに出て欲しいなぁと思う次第です。

Togetterにもまとめられています。

http://togetter.com/li/759825

MFT2014出てアスキー載った話

MFT2014の「はかるひと」というサークルで出展してきました。

出展してきました、と言っても自分は2日間で合計3時間ぐらいしかお店番せずにロケット交流会の方に行ってたのですが、自分のいる間にアスキーの人の取材受けて、紹介してもらいました。

http://ascii.jp/elem/000/000/955/955014/

補足説明とか

現地で慌ただしく話すとイマイチ趣旨が全部伝わっていなかったので補足説明、、、

「はかるひと」は申し込み者としては自分で代表者やってましたが、技術面では

fenrirさんTOIDAさんきかい君、自分の4名の活動のゆるふわっとした集まりで、それに追加で当日の華やかな説明員4名の計8名で「はかるひと」でした。

きかい君のOculus Riftでの人力飛行機シミュレータが人気だったのと、TOIDA先生のメーヴェっぽい飛行機でHPA Navi使われているドヤッ感、すごいロガーたちの実物を見て驚いてもらうっていうのが見所な展示内容でした。

プロの仕事として良い製品やら開発やらを見る機会がここ最近で増えましたが、それでも好きで、すき放題勝手なものを作っているMakeな心意気のところの方がワクワクして居心地良いですね。

能代宇宙イベント2014

1ヶ月前の話しですが、8月17日に能代宇宙イベントに行ってきました。

NoshiroSpaceEventLogo

学部生の時に有人ロケット研究会の方々と一緒に見学に行ってから連続で5回目の見学or打ち上げです。今回はちょっとすごいロガーが正式に学生のハイブリッドロケットの標準搭載品として採用されたので見学+サポートに行きました。

能代宇宙イベント2014

 

ロガーのリファレンスとして

能代ちょっとすごい

能代宇宙イベントでは学生が自らの手でロケット(やCanSatなど)を製作して飛ばしています。短期間ですごく色々が身につく面白いイベントです。能代宇宙イベント(のロケット側)はエンジンの開発運用や機体の製作、打ち上げまで大変色々やることがあって楽しいですが、その中でログを取るというのが一つ大事な要素としてあります。

  • 自分たちの作った機体がどこまで飛ぶのか、それは安全な範囲内なのか、物理の問題を解くように計算する「飛翔計算」
  • 打ち上げた機体がどこまで飛んでいき、どのように飛んでいったのか計測する「データロギング」(これが進むと機体の制御も・・・)
  • 計測結果や観測結果から振り返り作業そして次の開発のための「解析」

それぞれの段階があり、その中でも「データロギング」に「ちょっとすごいロガー」必要だと認められました。

各大学の学生が思い思いに作った電子基板のロギング装置はそれはそれで技術の修得にとても有意義ですが、計測したものが正確なのか、他のところと比べてどうだったのか?などわからない状態でした。それを解決するために計測データのリファレンスとして「ちょっとすごいロガー」を使ってもらいました。

イベント主催の秋田大学にちょっとすごいロガーを買ってもらい、ハイブリッドロケット打ち上げ団体に配布してもらいました。

結果としては、パラシュートが開かず落下したり、海に向かって打ち上げて回収できなかったりした大学が多く、データ回収率は高くなかったですが、学生ロケットの計測に十分使用可能だということは示せました。

すごいロガーの新サポートページ作った

夜な夜な英語カキカキして、海外展開に向けて英語ページと日本語ページ作りました。

英語ページ: http://ina111.github.io/NinjaScan_GUI/

日本語ページ: http://ina111.github.io/NinjaScan_GUI/index_ja.html

英語のUser Manualも作りました。限られた時間でやってるのでなんとかかんとかって感じです。

海外発送のためにSPIKEというオンライン決算サービスを使って、海外展開しています。

https://spike.cc/

カード決済の手数料無料で、すごく簡単にECサイト作れたのでとても良いです。

追記2014年9月25日

海外展開ということで、スイッチサイエンスの海外向けのサイトで販売開始されました。

http://international.switch-science.com/catalog/1899/