アメリカ旅行行ってきた


メインの目的はワシントンDCのスミソニアン博物館の中の航空宇宙博物館でした。

記憶の保存のための適当な写真しか撮ってないですが、アルバム公開してみます。自分用の備忘録です。旅行中3000枚撮った中で1000枚近く載せてるのでほとんど選別してないです。

Google+のアルバム

アメリカ旅行全体

ニューヨークのイントレピッド航空宇宙博物館

ワシントンDCのスミソニアン博物館・国立航空宇宙博物館の本館

ワシントンDCのスミソニアン博物館・国立航空宇宙博物館の別館

主な行った場所

ニューヨーク
  • アメリカ自然史博物館
  • メトロポリタン美術館
  • ニューヨーク近代美術館
  • マンハッタンの南側の観光地っぽいところ
  • 自由の女神
  • グランドゼロ
  • タイムズスクエア
  • イントレピッド海上航空宇宙博物館

 

ワシントンDC
  • ホワイトハウスとかがまとまってる公園の中でもスミソニアン博物館
  • 国立航空宇宙博物館の本館
  • 国立航空宇宙博物館の別館(バスで1時間程度)
  • ナショナル・ギャラリー
  • 国立自然史博物館

 

西海岸
  • サンフランシスコ
  • ロスアンゼルス
  • 従姉妹の家

 

思ったこととか

スペースシャトルのオービタやスペースシップワンはもちろん、SSMEやらJ-2ロケットエンジンやらF-1ロケットエンジンやら零戦やら、もうとにかく有名所な飛行機やらロケットやらミサイルやらが勢揃いで全部見れて、感動しっきりでした。

機体1つでも見てるだけで感動出来るようなものがたくさん並んでて、ひたすら圧倒されました。感動を一回り超える感情に包まれて楽しく見学できました。

生で見れると単に知ってるだけじゃなくて、知識で向かい合う感覚から自分の知識で包めるような感覚になれますね。

ニューヨークやワシントンは急いで見て回ったために、見学したところでも全部はじっくり見れなかったので、もう一度行きたいぐらいです。西海岸は時間なかったからもっとゆっくりしたかったです。

見てきたもの達に負けないようなものこの人生のうちで作ろう。

FreeIMUの中の人が亡くなった話


FreeIMU

FreeIMUというオープンハードウェアの9/10軸の慣性計測装置を開発している Fabio Varesanoさんが先日心臓発作で亡くなったそうです.30歳手前の博士取ってすぐぐらいの年齢のようでとても若いです。
FreeIMUはそのセンサボードが置かれた姿勢や高度が計測できるボードです。オープンハードウェアというのは設計図から使い方までがオープンになっていて自分で追っかけて製作が出来るようになっているハードウェアです。
加速度ジャイロはMPU6050,地磁気センサはHMC5883L,気圧計はMS5611が使われています.まさに自分が使っているセンサと同じものです。非常に参考にさせてもらっていただけにとても残念です。
センサを使うときに知らないセンサを使うのは使い方がわからなかったり,使えるものなのか心配で既に使われているものがあると信頼性がとても上がるので、
FreeIMUという先駆者がいたのは非常にありがたいことでした。ライブラリを見てプログラムの参考にもさせてもらっていました。
新しく出てホビー用で購入可能で新しいセンサをドンドン使う方針なので、新しいもの好きとしては参考になっていました。
センサの校正のためのソフトウェアも開発中のようでこれからが楽しみでした.スマホやタブレット用にセンサの進化が急速に進んでいる昨今においては大変期待のプロジェクトでした。応用としてクワッドローターもたくさん作られていたようで,オープンハードウェアの更なる広がりが期待できるプロジェクトでした。
これから
オープンソースのソフトウェアやらハードウェアは開発するインセンティブが働かないために人材の代替性も薄く,志ある開発者の善意に強く依存するのでFreeIMUの開発を進めていた氏の訃報は進歩の停止そのものだと思います.
海外通販サイトにはFreeIMUと同じようなセンサ使った中華系のセンサボードありますが,オープンハードウェアの開発が止まれば,こっちの進化も止まるんだろうなぁと思っています。
とにかく残念です。ご冥福をお祈りします。
FreeIMU関連の動画

OpenRocketを日本語翻訳 続き


先の記事の続きです。

一時的なものですが、OpenRocketの日本語翻訳されたものができました。本バージョンにもそのうち対応される予定です。最新バージョンは必ず本家のここで確認してください。

OpenRocket2012-12-29.jar

元はダウンロードに置いています。直リンクです。

翻訳作業している間にブログのロゴやら何やらくれと言われたので、作ってみました。すごくやっつけ作業ですが、これから使っていきます。

ロゴ

Favicon
 

 

 

OpenRocketを日本語翻訳してみた


モデルロケットの設計、シミュレーションソフトであるOpenRocketの紹介の記事を前に書きました。

そのOpenRocketを日本語翻訳しました。各種言語に翻訳するためのプロジェクトページなどもあって、各種言語に翻訳されています。そこに翻訳作業にコミットしたことによって日本語も増えた形になります。

2012年12月23日現在、翻訳ファイルを送ったところなので、向こうの更新タイミング次第で日本語化できるようになるはずです。

日本語化方法

  1. Javaのランタイム入れてない人はここからDLしてインストールしておく
  2. OpenRocketを起動する
  3. メインメニューの[Edit]→[Preferences]の中のOptionsタブの中のInterface languageを日本語に変える

(ここではまだ日本語翻訳ファイルが入ってないので見えてない。)

あとは前の紹介記事から随分進化しているので、そのまとめ

改良されているポイント

 3Dビュー

かっこ良く表示されるようになりました

印刷機能

印刷機能が付いてPDFにも概略が保存できるようになりました。

Component analysis(成分分析)

風の向きや迎え角ごとの、部品ごとの重心や風圧中心・抗力はどこで発生しているか・ロール方向の運動方程式のパラメータはどうなるのかの解析が出来るようになりました。

Rocket optimization(最適化)

部品のパラメータを色々変えた時に距離や滞空時間が一番伸ばせる条件はどれなのかが自動的に探索される機能が付きました。うまい使い方はいまいちわからないですが、色々弄ってみると楽しいです。

Cusom Expressions(カスタム式)

打ち上げシミュレーションにおいて、元々入っているパラメータ以外の計算したいパラメータに関して自分で計算したい式を入れて出力できるようになりました。比推力Ispやら固有周波数、動圧なんかは入力すると使える人には使えるかもしれません。

このページ(List of useful sustom expressions)の式を参考に入力すると良いです。

Simulator listeners

自分でJavaのプログラムを書くことで、シミュレーションに関して拡張できるようになりました。高度な内容ですが、オープンソースらしい拡張性高いことを示すところです。

Andoroidアプリ

Androidのアプリがでました。作ったOpenRocketのファイル(orkファイル)を読み込むと設計したものが表示されます。編集とかは出来ずに、ただ単に見るだけ。うーん、シミュレーションの結果も一部は表示されるので外で確認したいときに便利なのかも。

Andoroid版のインストールはダウンロードのページにある[OpenRocket-Andoroid-xx.xx.apk]をダウンロードして、自分のAndroid端末のフォルダに入れて、フォルダから~.apkファイルをタップしてインストール。orkファイルもAndroid端末に入れておく必要が有るので入れてAndroid版OpenRocketから読み込み。

インストールの前にAndroidの[設定]→[アプリケーション]→[提供元不明のアプリ]にチェックを入れておかないとインストールできません。

 

雑記

ネットでモデルロケット調べてみても、古いサイトしか出てこなくて新しく始めたい人は既にやってる人とコンタクト取るしか無いような趣味のロケット界隈ですが、導入が簡単になって趣味人の人口が増えればいいなと思っています。

モデルロケットっていうのは何も知らない人から見ると物騒に見えますが、飛ぶものは見ていて成果がわかりやすく楽しいし、科学教育・ものつくり教育としてとても良い素材だと思っています。ちょっと進んでくると流体力学やら材料力学やら燃焼やら数値計算法やら電子工作やらと、勉強しなきゃいけない(勉強できる)範囲広くて幅広い力が付くと思います。

OpenRocketは小さなモデルロケットだけではなく、もう少し大きめのハイブリッドロケットのようなものにも使えるので、独自に解析ソフト作るより信頼性あると思います。超音速のときは幾つかの点で考慮しきれてない部分があって、精度が落ちるようですが、それ以外の点ではtechnical documentをみる限りかなり正確なようです。

オープンソースロガーOpenLogの互換品作ってみた その3 使い方


OpenLogの互換品を作った目的である、SDカードに書き込んだ情報をUARTで吐き出す方法です。

ArduinoのSDカードのサンプルプログラムの中にある[SD]→[DumpFile]とほぼ同じ内容を前述の方法で書き込みます。

これでInaLogからSDカードに書き込まれたdatalog.txtファイル(変更可能)から1byteづつデータを読み出すことができます。

この吐き出されたデータをマイコンで受け取ってやることで色々使えるところがあるかなぁと思います。(まだ何も使ってないけど笑)

/*
  OpenLog互換品(InaLog)でSDカード内のdatalog.txtからUARTでデータ吐き出し
*/

#include <SD.h>
const int chipSelect = 10;

void setup()
{
 // シリアルポートオープン:
  Serial.begin(9600);
  Serial.print("Initializing SD card...");
  pinMode(chipSelect, OUTPUT);

  // SDカードが存在しない場合、エラー吐く:
  if (!SD.begin(chipSelect)) {
    Serial.println("Card failed, or not present");
    return;
  }
  Serial.println("card initialized.");

  // ファイルは一度に一つ開ける。次のファイル開く場合は一旦閉じてから
  File dataFile = SD.open("datalog.txt");

  // ファイルから1byte読み出しシリアルポートから吐き出し:
  if (dataFile) {
    while (dataFile.available()) {
      Serial.write(dataFile.read());
    }
    dataFile.close();
  }  
  // ファイルが開けない場合はエラー:
  else {
    Serial.println("error opening datalog.txt");
  } 
}

void loop()
{
}