XFLR5での安定性解析

XFLR5のver6から安定性解析ができるようになった。

XFLR5の安定性についての解説pdfは一番下

人力飛行機の設計にはそこそこ使えるかな、と思っている。

なにより飛行機の理解が促進される点が大きいと思う。

飛行機の挙動自体は解析で出た値の通りに出るわけではなく、

胴体を含めた時に空力の見積もりができない、慣性の見積もりが甘い、弾性変形がある、近似が正確でない、

製作誤差がある、風の入力がステップ入力になり得ないetc…

とにかく沢山の不確定要素がある。

UAVの研究をしているところだと各見積もりから計算方法までの方法論の研究をしてたりするみたい。

作りたい(作った)機体の開ループ応答や根軌跡がわかるのは面白いけど、細かく設計しようと思うと、

飛行実績のある機体と比較対象を作って安定寄りor不安定寄りを判断して設計するのがいい。

もっと良いのは自分で運動方程式をプログラムなりエクセルなりで書いて挙動解析してみることだと思う。

XFLR5の安定性解析はあくまで他の機能のオプションという感じが現状。断然便利なのが良いところ。

下に参考になりそうな本置いておく。

個人的にはあんまりオススメじゃないんだけど、手に入れやすくて安い本だとこれしか無いからしょうがない。

あとは勉強するならwikipediaとか良い感じ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%AE%9A

模型飛行機作りたい人には安定性解析はばっちり使えると思う。

使ってみての解説もどきは次回更新においておくとして、

XFLR5の公式に置いてある安定性についてのドキュメントがすごくわかりやすくまとまっていたので日本語に翻訳してみた。

公式サイトにも置いてくれーって頼んだのでそのうち置かれる日がくるかと。

何か反響があれば他のドキュメントも翻訳していこうかと睨んでます。

http://dl.dropbox.com/u/3968380/ja_XFLR5_and_Stability_analysis.pdf

[追記]11.1.24

@dynamicsoar さんに翻訳文をreviewしてもらって誤訳・わかりにくい日本語を数箇所修正しました。

[/追記終了]

これからブログ更新ネタ予定

予告してないと忙しさにかまけて、また1ヶ月ぐらい放置しそうなので予告。

SourceForgeという有名なオープンソースソフトウェアのためのサイトで

航空宇宙関係で名前と簡単な説明を読んで面白そうだと感じたものをつぶやいてまとめてみた。

http://togetter.com/li/87453

これらの簡単なレビューを書いていく予定。

2,3年前までは存在しなかったプロジェクトもソフトウェアとして形になってたりして、熱いな!!と

あとはXFLR5のver6で更新された安定性のレビューを書いていこうかな、と

あとは

http://aerodynamix.altervista.org/soft.htm

のサイトのソフトのレビューが書ければ面白いかなと

技術の進化みたいなことを少し考えてみると、

・引き継ぎ

・自分での勉強

・ツールの使い方

・ツールの存在自体

・etc…

そういう部分こそが新規開発よりも先に大切にしなければならないことで、

ここ数年で自分がその部分で失敗や未熟さを出して後悔したり、何とも思ってなかったり。

関わってる業界は小さいしさらに自分の影響力も小さいけど、業界の技術の進歩に役立つ記事が書けたらいいな。

もっと面白いものが見たい

鳥人間で使う薬品等の安全管理

人力飛行機を作ってる人が何人か見てくれるブログになったのでうざいだろうけど少し啓蒙活動を。

言いたいことは

・接着によく使うエポキシ樹脂の主剤のビスフェノールAなどは体に影響があるんじゃないかと言われている

・エポ作業のときは汚れていい長袖長ズボンの服に着替えて手袋を必ずする。

・カーボンの粉末はできるだけ吸わない方がいい

・刺激物を使う作業が多いから換気を常に心がける

・MSDS(化学物質安全性データシート)を誰でも見られるように印刷して作業場に置いておく

・対策をすれば怖くない、対策しないと危ない

各物質のMSDSはググれば出てくるし、どのMSDSでも大丈夫だから見ておくといい。

特にエポキシ樹脂関係

こういう安全管理の話って1年やそこらで忘れられていくので定期的に誰かが言わないといけないよね。

管理する方も言う方もめんどくさいからやりたがらないけど

↓↓↓↓↓↓↓twitterで話したまとめ↓↓↓↓↓↓↓

http://togetter.com/li/73612

(ブログとtwitterはリンクさせないつもりだったのにな・・・

ロケットの推力測定を安く簡単に

ここのところ更新せずでした。

ちょっとばかり忙しかったけれどMTM06に出展してた。

今回の記事は

ハイブリッドロケットを打ち上げようとして、そのエンジンの推力測定を行ったことについて。

測定したいことは推力。

本当は燃焼圧とか温度変化とかみたいことが沢山あったんだけど

一番大事なのは推力測定。

推力測定にはいろいろ方法があるけど、とにかく安く済ませたかったので

システムとしては

・ロードセル

・計装アンプ

・デジタルオシロスコープ

・RS232Cで繋いだPC

で行った。

ロードセルとは中にひずみゲージが入った力測定器で、今回は

測定上限が500N程度だったので初期加重のことを考えて1000Nまで測定可能なDigi-keyの

http://ow.ly/2M61M

のものを使用。中にアンプが入っていなくて出力が~100mV。なのでアンプをかませてあげないと測定できない。

計装アンプは秋月で買えるINA128

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01755/

を使用。抵抗を一つ代えてあげるだけでゲインが変わる。10000倍までは周波数特性が良く測定できるみたい。

増幅部分の部品としてはこのアンプのICと抵抗2本、セラコン1つという簡単さ。

デジタルオシロスコープは借りることが出来きた。

岩通計測株式会社のBringo DS-8812というもの

http://www.keisoku-gb.com/kigyou/iwatsu_keisoku/DS8814_8812.html

これに、波形データをPCに送ってくれる

http://www.vector.co.jp/soft/win95/hardware/se248489.html

のソフトを入れて、RS-232CとUSB変換ケーブルでUSB接続したPCに接続

あとはごちゃごちゃとオシロスコープ弄れば測定出来る。

今回は時間がなかったし、デジタルオシロスコープ借りることが出来たからこういう計測系だけど、アンプ以降はマイコンでA/D変換してPCとシリアル通信させるとかが安いだろう。

例えばarduinoでA/D変換するとUSBで簡単にPCにデータを送ることが出来るから、これが良さそうとにらんでる。

http://www.eleki-jack.com/FC/2009/01/23arduinoarduino5.html

http://d.hatena.ne.jp/sugan/20081114/1226686279

を見る限り

10bit精度で2kHz以上でサンプリングできるからそこそこの計測はできそう。

0.1kgf程度の精度じゃ物足らなくなったら他の方法を考えるけど、取りあえずは十分そう。

工大祭はやぶさ

これまでにブログに龍勢祭りに行ったことや筑波の宇宙センターに特別公開ということで行ったことを書こうと思ったけど、めんどくさくなったので今日ぐらいは書く。

東工大の工大祭(10月23・24日開催)に行ってきました。行ってきましたというかいつも通り登校したというか・・・

サークルの直属の後輩がはやぶさ模型を作っていたので写真をUpload

実物大のはやぶさ模型

製作期間1.5ヶ月の突貫工事

製作費12万円

細かいところまでよく作り込まれているから感動した

前日にテレビ朝日で朝に生中継されるくらいに東工大も押し押しの企画

行ったときは人も多くて大盛況

JAXAからの借り物もあったからか2人も警備員の人がいた

姿勢制御用のスラスタはシャンパングラス、いとかわの土を入れるためのカプセルは家の蛍光灯のフタ、イオンエンジン部分はヤフオクでそれっぽいやつを購入

と予算無い中頑張ってた

相模原に行って話を聞いたり、はやぶさ写真集から細かいところを検討してるのがよくわかる。

すごいな

そんな中、

はやぶさコスプレの中の人の秋の『』さんがニコニコ技術文化祭のパネリストとしてのついで?として

はやぶさ模型のところにも来てました。

たまたま居合わせて写真撮らせて頂きました。

模型展示場で展開!

はやぶさ模型とはやぶさコスのコラボ!

秋の『』さんと模型がちゃんと写ってる写真は自分も入ってるからパスで、、、

宇宙好きな人の間で有名で各所で活躍の秋の『』さん

美人なだけじゃなくて、コスプレ全部自作で工作しまくりだったり、理系(航空宇宙が主なのかな?)が好きで詳しかったり、快く写真を撮らせてもらったり、、、いい人でした

ファンになった!